ほとんどタダで3億円を生み出す共感PR

日本をPRのチカラで変えていく。自分が変われば、世界が変わる、内も外もね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上岡正明の著書をご紹介させて頂きます。

共感PR 予算ほぼゼロで3億円の効果を生み出す方法

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則 メディアリスト

今日は嬉しいお知らせ&著者あるあるあるあるある。

今日は嬉しいお知らせ&著者あるあるあるあるある。 13日発売の新刊「神速株投資術(ダイヤモンド社)」が、 おかげさまで、発売4日で重版となりました。ドーーーーン!!! からの、ザッバーンッ!←流れが来た感じを表現中☆ 発売前から色々準備をしてく…

今日は、「株で2億稼ぐための最短ルール」(6)

今日は、「株で2億稼ぐための最短ルール」(6) 株式投資は、駆け引きが支配する世界です。 ゲーム版のルールは、いたってシンプル。 勝ち負けの二者択一しかないわけですから、 相手より上回るスピードで成長しつつ、 相手より知識とスキルがあれば、勝て…

「ダイヤモンドオンライン」さんでコラム連載がスタートしました!

ダイヤモンド社のダイヤモンドオンラインさんで、 「株で2億稼ぐ!神速株投資術」のコラム連載をして頂くことになりました。 さすが、プロの編集者。こちらの方がわかりやすい。 diamond.jp

今日は、「株で2億稼ぐための最短ルール」(5)

今日は、「株で2億稼ぐための最短ルール」(5) 【神速投資術】をうたうからには、 最速で「勝てる投資家」になることを目指します。 そのために、どうするか。 スピードを意識して、成長するのです。 そもそも、弱肉強食の世界において、 スピードこそが、…

今日は、「株で2億稼ぐための最短ルールとは」(4)

今日は、「株で2億稼ぐための最短ルールとは」(4) これは私の持論ですが、 株式投資は、大学入試のセンター試験と一緒です。 他人より早く成長して、より多くの点数を取らなければ、 市場では勝てるようにはならないのです。 そして、もう1つ大事なこと…

今日は、「誰も知らない?!株で2億稼ぐための最短で勝つルール」(3)

今日は、「誰も知らない?!株で2億稼ぐための最短で勝つルール」(3) 株では、負けている投資家が8割を超えているといいます。 それは、何故なのか。 じつは、理由は簡単で、 ほかの投資家より、圧倒的に成長のスピードが遅いからに他なりません。 行動…

今日は、「誰も知らない!株で2億稼ぐための最短で勝つルール」(2)

今日は、「誰も知らない!株で2億稼ぐための最短で勝つルール」(2) 買う投資家と、カラ売りする投資家。 この2つのバランスが、今の相場の均衡点です。 南半球から見た地球儀と同じです。 株には、常に逆さまから、相場を見ている勢力が、 一定数いるわ…

今日は、「株で2億稼いだ投資家が教える! 株式投資で最短で勝つルール」について考えた。(1)

今日は、「株で2億稼いだ投資家が教える! 株式投資で最短で勝つルール」について考えた。 今年に入って、なぜか、損失が増えている方が多いと思います。 「あれ? 去年までは順調に利益が出たのに」 「同じようにやっているいのに、勝てない。何故だろう?…

今日は、「人が7倍速く成長できる方法?」(まとめ)※難易度高め

今日は、「人が7倍速く成長できる方法?」(まとめ)※難易度高めです。7倍早く成長するためには、他にも、「質×量×スピード」が大切だ。しかし、やみくもに量やスピードを求めても、3倍成長しても・・・、やはり、7倍成長は難しい。じゃあ、7倍成長って…

先週は、東京都が支援する「東京創業ステーション」様にて、「バズるPR」のセミナーを!

先週は、東京都が支援する「東京創業ステーション」様にて、「バズるPR」のセミナーを。 定員80名のところ、160名の応募があったということ。 今、起業を目指す社会人や学生、シニアの方が、 本当に増えていると感じます。 その後、飛騨高山の観光P…

多摩大学客員講師として「バズるPR」の講義!

先日は、多摩大学の学生に、 客員講師として「バズるPR」の講義。大学生、若いっていいね~☆ ◆バズらせるとは?=ネット時代の口コミスピード拡散 ◆広告からSNSへ! ◆SNS上のデジタルマーケティングのPR戦略とは「世の中とのスキマ時間の接点づくり」 ◆バズ…

今日は、「人が7倍速く成長できる方法ってある?」(5)

今日は、「人が7倍速く成長できる方法ってある?」(5) 7倍早く成長するためには、方程式がある。そのひとつが、「上司の愛」だろう。 仕事は、結果はもちろん大事だが、プロセスも大切。 しかし、結果ばかりに目が行くと、ついつい、プロセスがないがし…

今日は、「人が7倍で成長する方法って?」(4)

今日は、「人が7倍で成長する方法って?」(4) 社員の7倍成長のためには、方程式がある(過去の記事をご参照ください(o_ _)o なかでも、基礎となるが、「当たり前レベルを上げる」。つまり、自分の壁を見極めて、距離を縮める方法を与えて、確実に突破す…

今日は、「人が7倍で成長する方法って?」(3)

今日は、「人が7倍で成長する方法って?」(3) では、「当たり前レベルを誰が上げるの?」というと それは上司の力でも、親でも会社の力でもない。 すべては、本人の力です。 自分で上げるのです。 もっと突っ込んで言えば、「自分で決めた小さな習慣の力…

今日は、「人が7倍で成長する方法ってあるの?」について考えた。(2)

今日は、「人が7倍で成長する方法ってあるの?」について考えた。(2) 弊社では、社員には他社より7倍速い成長を求める。 そのメソッドを分解すると、いくつかに分かれる(前回参考)。 それを大切な順に紹介すると、第一が、「当たり前レベルの改革」だ…

今日は、「人が7倍で成長する方法(メソッド)ってあるの?」について考えた。

今日は、「人が7倍で成長する方法(メソッド)ってあるの?」について考えた。 今年も、弊社に新しい社員が増えました。 最近は、進撃の巨人がマイブーム。なので、わが社では、新入社員にはそれぞれ兵団長として特別な名前が付けられる。 ・ウッディ騎士団…

「広報PRで人を動かせるの?(動かせないでしょー)」(まとめ♪)

すっかり執筆モードで、コラムもブログも後手後手。6月新刊が出ます!来週ぐらいには公表したい。むずむずっ。 で今日は、「広報PRで人を動かせるの?(動かせないでしょー)」(まとめ♪) じゃあ、PRやマーケティングにも通じるけど、「何に人が集まる…

今日は「広報PRで人を動かせるの?(動かせないでしょー)」について。(その3)

今日は、「広報PRで人を動かせるの?(動かせないでしょー)」について。(その3)で、結論から言うと、人はやっぱり動かない。(えっ?)マーケティングや、それらにもとづくフレームワークは、よもすると、最初から「消費者は動くもの」「動かされるも…

今日は「広報PRで人を動かせるの?(動かせないでしょー)」について考えた。(2)

今日は「広報PRで人を動かせるの?(動かせないでしょー)」について考えた。(2) で、結論から言うと、最近いきついた答えになるが、「優れたPRとは人を動かすPR」だと思う。 崇高なプロジェクトで、会場を埋め尽くす大勢のメディアが集まって、あ…

今日は「広報PRで、ほんとに人を動かせるの?(動かせないでしょー)」について、いろいろと考えた。

今日は「広報PRで、ほんとに人を動かせるの?(動かせないでしょー)」について、いろいろと考えた。 広報や、PRでのSNS活用で、 ほんとに人を動かせるのか。 ということを、真剣に考えるのは、 できるの?でいないの?を含めて、 経営者やマーケッタ…

アイスクリーム博覧会  テレビ6番組と、読売新聞、朝日新聞などの取材が決定!

今日は「仕事の現場」から。 うちがPRする、明日開催のアイスクリーム博覧会、 テレビ6番組と、読売新聞、朝日新聞などの取材が決定! とくに、NHKのドキュメンタリーが決まったのが嬉しい。 そのほか、WEBメディアの取材露出が、 だいたい700メ…

今日は、株でもビジネスでも「運がいい人にすぐなれる法則」について考えた(2)  

今日は、株でもビジネスでも、 「運がいい人にすぐなれる法則」について考えた(2) 自分は運がいいと信じている人は、 失敗が続いても、 「おかしい、運がいいのに」と考える。 こうなると、がぜん強い。 だから、自分の可能性を信じて、 また学んで、また…

今日は、株でもビジネスでも「運がいい人にすぐなれる法則」について考えた。

今日は、株でもビジネスでも、 「運がいい人にすぐなれる法則」について考えた。 私は、「自分はかなり運がいい」と、・・・強く思い込んでいます。笑 経営者15年歴で、良くも悪く完全無借金。株式投資も2億超えて、出版した本も、頑張れば5万部に届きそ…

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営のまとめ」について考えてみた(4)

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営のまとめ」について考えてみた(4) ※前回の続きから 株でもビジネスでも、「いったい、何時間学べば上達するんですか?」 というのは、成果に直結しない人の残念な考え方です。 「いったい何を、どの順番で学べば、 勝て…

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営のホントの本音」について考えてみた(3)

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営のホントの本音」について考えてみた(3) ※前回の続きから 稲盛会長の経営を、あえて放送作家的(私は元放送作家です)に、強い言葉で一言で言いうと、 「自ら動かないものは去れ」だ。 稲盛さんは、JAL再建のおり、こ…

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営」について考えてた(2)

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営」について考えてた(2) ※前回の続きから 経営を伸ばせるかどうかは、トップの熱意と、考え方と、行動力にかかっている。 創業期の零細企業であれば、経営者の行動力だけで組織を牽引できるが、 そこから企業へと成長して…

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営」について、シンプルに考えてみた。

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営」について、シンプルに考えてみた。 ドラッカーやコトラーもいいが、やっぱり日本人なら、稲森和夫じゃね、とシンプルに思う。 違いは、アメリカ型と日本型とも思えるが、稲盛さんも、実は徹底的な合理主義だ。 数字にシビ…

今日は、「型(カタ)があると、仕事は早くなるし強くもなる」という話の続き(2)。

今日は、「型(カタ)があると、仕事は早くなるし強くもなる」という話の続き(2)。 どういうときに、何をするのか、何を調べるのか。 たとえば、成功にはぜったい外せない、原理原則がある。 ・発言する言葉にこだわる とか、 ・本を読むとか とか ・素直…

今日は、「自信を無くした社員への、たった1つの助言」について(2)

今日は、「自信を無くした社員への、たった1つの助言」について(2) (前回続きから) つぎに、じゃあ、卓越した「自信」を手に入れるどうすればいいのか。 それは、たった1つの行動から生まれない。 自分との約束を、日々守るという行為だ。 自分との約…

今日は、「プレゼンで自信がなかった社員への、たった1つの助言」について。※原文のまま※

今日は、「プレゼンで自信がなかった社員への、たった1つの助言」について。※原文のまま※ 今日のプレゼン時点において、お前の成長を止めていたのは、お前が意識する「他人の目」だ。 「あの人はこう思っているかもしれない」、と意識することは、全て、「…