読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとんどタダで3億円を生み出す共感PR

日本をPRのチカラで変えていく。自分が変われば、世界が変わる、内も外もね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上岡正明の著書をご紹介させて頂きます。

共感PR 予算ほぼゼロで3億円の効果を生み出す方法

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則

今、ヒットを生み出す最も効果的なPRは、新・旧メディアを使ったハイブリッド戦略である。「めざましテレビ」「笑っていいとも」の放送作家から転身、PR業界で数々のブームを仕掛けてきた著者が、低予算で効果抜群のPR術を公開する。もはやテレビに出ただけでは売れない!

 

メディアリスト

「打たれ強さとは?」について考えた。

仕事術

今日は、「打たれ強さとは?」について考えた。

最近は、だいぶ忙しいぞ。
本のプロモーションをするため一人、全国書店を巡りながら、
(もう150店舗まわりました)

あいまに(こちらが本業です!)会社を経営して、

夜にMBA大学院に行き、

呼ばれれば、月に3回程度のセミナー講師もして、

帰ってきて、財務処理と経理対応と社員に日報返して、

夜に原稿作成と大学院の宿題。

夜も、頭が冴え冴えて、寝つきが悪いぞ。

一時期、あまりに寝ない、寝れないので病院に行ったことがる。
すると、自分は頭が興奮状態になりやすく、
考えすぎると、寝なくなるらしい。

だから、先生曰く、
「あまり考えないようにしてくださいね」。
・・・よし、お墓に入って千の風になったら、そうしよう。

だが、こういうときこそ、良いアイデアというのが浮かんでくるし、
引き寄せというのは生まれやすい。

と個人の経験。

今は、誰がなんといようと、景気が良い。
正直、頑張らずとも、好景気の時は昇っていけるし、会社にいるだけで評価されていく。

ただ、経営者でも、コンサルタントでも、営業でも、
汗をかかなくなった人は、いずれまた来る不況に、めっぽう打たれ弱くなっているということは、知っておいた方がいい。