ほとんどタダで3億円を生み出す共感PR

日本をPRのチカラで変えていく。自分が変われば、世界が変わる、内も外もね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上岡正明の著書をご紹介させて頂きます。

共感PR 予算ほぼゼロで3億円の効果を生み出す方法

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則 メディアリスト

今日は、「人が7倍速く成長できる方法ってある?」(5)

今日は、「人が7倍速く成長できる方法ってある?」(5)

7倍早く成長するためには、方程式がある。
そのひとつが、「上司の愛」だろう。

仕事は、結果はもちろん大事だが、
プロセスも大切。

しかし、結果ばかりに目が行くと、
ついつい、プロセスがないがしろになる。

しかし、部下の成長の種は、
むしろプロセスにこそあると思う。

たとえば、
若手が企画書を作っているとき、
最後の最後で手を抜いて、
「あとはお願いします」としている。

こうしたとき、見ていると、
たいてい、後半の数時間は、
悩んでいるそぶりで、
手も頭も動いていないものだ。

この時点で、本人がお願いすると「決断」してしまうから。

結果、先輩が手伝ったほうが速くても、
「どうして最後まで、自分でやり抜かないのか」と、
あえて叱ってやらせる。

これが、結果とプロセスの両面を向上させる、
という行為だと思う。

もちろん、本人が悪いわけじゃない。
経験がないのだから、
「なぜ、いけないのか」プロセスの罪を教える。

結果、その社員は、じょじょにやり遂げる力を積み上げる。

人に聞いてばかりいる社員もそうだ。
人に聞くことは、先輩の時間を奪っているという、
大切な「プロセスの罪」を教えながら、叱ることが大切。

社員の7倍成長のために必要なのは、
そうしたとき、たとえ時間がかかっても、
社員の成長の方が先決だと、思えることだ。

愛情と言っても、優しくするとか、気遣うとか、
というだけ、じゃない。

7倍成長のためには、
「自分も一緒になって、7倍かけても必ず成長させる」
という上司の強いコミットが必要だと思う。

(つづく)