ほとんどタダで3億円を生み出す共感PR

日本をPRのチカラで変えていく。自分が変われば、世界が変わる、内も外もね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上岡正明の著書をご紹介させて頂きます。

共感PR 予算ほぼゼロで3億円の効果を生み出す方法

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則 メディアリスト

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営」について考えてた(2)

今日は、「稲盛和夫のアメーバ経営」について考えてた(2)

※前回の続きから

 

経営を伸ばせるかどうかは、
トップの熱意と、考え方と、行動力にかかっている。

 

創業期の零細企業であれば、
経営者の行動力だけで組織を牽引できるが、

そこから企業へと成長していくと、
 

社員たちの心をまとめるために、考え方というか、
働く価値観を示した「哲学」が必要となる。

 

うちの近くに、よく行く喫茶店がある。
そこのトイレには、カフェの従業員向けか、
こんな訓示が張られている(笑)。

 

『すぐできる社員は、すぐに使えなくなる』。

 

15年も経営者をしていると、
この言葉の意味の、深いところが理解できる。

 

そして、けっこうこれは、
経営者と現場の採用役員の、
永遠に理解できない、されない壁だったりもする。

会社の「哲学」を理解しようとせず、
スキルフィットだけで十分。
 

むしろカルチャーフィットは敬遠させていただきます、
という中途社員は、正直、最初だけですぐに使えなくなる。

 

そして、あっという間に、転職する。
 

「やらされ感」や「損得勘定」で動くほど、
人は甘くないのだ。

 

そして、稲盛さんはアメリカ型の
マネジメント以上に厳しい経営者だが、
いっぽうで、人に対する「哲学」は非常に大切にする。
(つづく)