ほとんどタダで3億円を生み出す共感PR

日本をPRのチカラで変えていく。自分が変われば、世界が変わる、内も外もね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上岡正明の著書をご紹介させて頂きます。

共感PR 予算ほぼゼロで3億円の効果を生み出す方法

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則

メディアリスト

今日は、ドラッカー張りに「マネジメント」に考えみてた。

今日は、ドラッカー張りに「マネジメント」に考えみてた。

ドラッカーのマネジメント、読んだことない。。。
ユニクロの柳井さんが推薦してたので、
読もうとして辞めてしまった。
この手の古典は、読むのに努力がいる。

え? 経営者でMBAなのに読んでないの?
あ、そこのあなたー。その指摘、ごもっともです。

ドラッカーは、おそらく経営者だったのだろう。
そのほうが、講演やセミナーもしやすいし。
推論だが、
not work on business
机上の空論だと言われることを、
おそらくドラッカーは何より嫌っただろうから。

ただ、組織を束ねた経営者か、
秘書を束ねる経営者だったかどうかで、
組織マネジメントの実践論は変わってくるよね。

と私は思う。

ある程度の規模になると、たとえば採用などでも、

部下は、とにかくお金を使って解決しようとする。
経営者は、お金は使うが、その前にできることはないかと考えようとする。

これは、ケチだからではない。
お金を使って解決するのは、新卒でもできるからだ。

この差は、説明しても、埋められない。
結局、機会損失論になるし、それもそれで正しい

それが、組織マネジメントの、実践編の「ジレンマ」のときでもある。

状況と、課題と、問題点の、改善処置を積み上げて
現状変革を1ミリ単位で積み上げたうえで、
はじめて資金を使えば、ゴール取得のための生産性もスピード力も戦闘力も同時に高い。

こちらのカードも増えるし、未来のカードも増えるし、なにより取引先(ステークホルダー)との交渉カードも増える。

お金を使って障害を越えるという1枚カードより、断然有利だ。

なぜなら、経営は、明日も、3年後も、10年も、続くものだから。