読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとんどタダで3億円を生み出す共感PR

日本をPRのチカラで変えていく。自分が変われば、世界が変わる、内も外もね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上岡正明の著書をご紹介させて頂きます。

共感PR 予算ほぼゼロで3億円の効果を生み出す方法

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則

今、ヒットを生み出す最も効果的なPRは、新・旧メディアを使ったハイブリッド戦略である。「めざましテレビ」「笑っていいとも」の放送作家から転身、PR業界で数々のブームを仕掛けてきた著者が、低予算で効果抜群のPR術を公開する。もはやテレビに出ただけでは売れない!

 

メディアリスト

トランプ相場の行方を決める、たった1つの株のルール

株・投資・億への道

今日は、「トランプ相場の行方」について考えた。

 

株高が一服したので、書いてみた。
 

私が考えるに、もともとトランプ相場などというのは幻想で、

去年8月を大底にしてスタートした株高が、
6カ月周期である今年1月で、息が切れた形。

 

昨年からの上昇相場は、
実体経済による株高と、売り方(カラ売りを仕掛ける側)の踏み上げという、
二種類の要因により上昇しています。

 

その「売り方」が、ちょうど力尽きるのが、
信用取引の最大期間の6か月目なのです。

 

すごい大切なことですが、短期の株の動きとは、
このように実体経済よりも、まzは参加者の勝敗とルールによって縛られるものです。

それを、経済動向のみに重ね合わせるから、
個人投資家は負けやすいのです。

 

相場が下げることで、むしろ助かる投資家も大勢いるのだということを
知らなければ、このルールはわかりません。

 

では、ここから先の相場を、個人投資家としてどう判断し、稼いでいくのか。
あなたには、その「戦略」と「戦術」がありますか?

 

私は、ここで一度下げたほうが、
むしろ2017年は上昇しやすいと考えています。

次のターニングポイントは、ゴールデンウィークでしょう。

 

もちろん、株は自己責任。
上がっても、下がっても、
勝てるように自分なりの戦略・戦術を用意しておくことが、最も重要です。